もう今週からBCFじゃね?と思って、すんごい勝手に書いてみた考察。せっかくシンフォギア持ってるし…というところです。

先に言うと、シンフォギアタイカプは出ません。
こうどなじょうほうせんできればいいな~なんてw



■VS錬金術

はっきり言って、回った錬金術は手をつけられません。そのため、特に通常の音楽を使う場合はある程度錬金術対策をしておいた方がいいのではと思うわけです。


■錬金術ミラー

ポイントはファラを思い出に送れるか否かだと思います。ファラのパワーは行きで最低5000ものパワーが出てしまい、この状況で安定して負けるのは難しいです。また、舞台に置いておいた場合はアルカノイズに処理されて思い出に飛べません。思い出条件を満たさないという選択は錬金術には考えられない(キャロルの登場3コスがでかすぎる)ので、ここの立ち回りは中々悩むことになりそうです。
考え方によっては、ファラを置いて相手に処理させて、ダイレクト叩いてダメレ取りに行くというのもありますが、結局キャロルが回って回復するので思ったよりは上手くいかないと思います。
反対に、相手のファラが安定して思い出に飛べるようになってる状況はあまりよくありません。具体的にはパンプがかかってしまう中央に高い面を立てるのを避ける、パワーパンプ手段を置かないといった立ち回りは有効になるのではと思います。
個人的には、パンプの無い未来の集中とかが後列としては重要になるんじゃないかなーと考えています。

恐らく、こんなことを音楽でやるとファラごときに面取られる~ということになり、それはそれで展開辛いと思うので別の対策を立てます。


■音楽の錬金術対策

▼焼き
自動人形たちは自身がリバースしないといけません。ということで、焼きます。
焼ければ低パワー並べてファラが抜けない病狙ってもいいかもですが、抜かないで面譲るのは後が辛くなるので駄目な択です。
また、焼くことによってダイレクト叩けますが、島風できなくなる点は注意しましょう。

○風鳴弦十郎(OTONA)
1コス前列レベル0焼き。移動で逃げてレイアを焼いたりできるととてつもなく美味しいんですが、これが音楽ではないので抱えるにはそれなりの枚数を要するのが駄目な点。いれば強いのかもだけど、これを役割として見て挿す行為自体があまり強くないかも。

○QUEENS of MUSICマリア
こっちが本命。やることはやっぱり行きで残ったりしたファラ狩り。返しにリバースしてもらえばいいやという甘えた思考を焼き払います。
問題は集中のヒット。そこはある程度施行回数増やして何とかしたいところ。
3ターン目くらいで焼いてダイレクト、返しに相手が対策してきて面空けるからさらにダイレクト~とできるとダメレはかなり優位とれそうです。

▼行きで抜く
キャロルが助太刀込みだと数値高く、後列含め大体15000くらいは無いと安定して抜けません。シンクロゲイザーとかするような思考ならいいですが、まぁ採用は難しそう。1コス回復考えると竜巻も愚作ですね。

▼返し12500
後列ファラ+cxを想定した数値が12000、中央はともかく端12500出ると行きで抜きにいけません。この値はイグナイト系女子か激槍にレベル応援をかけた数値。相手が何ターン耐えるかになりますが、ここまでパワーあると安心です。出来れば調(後述)込みで面荒らしたいです。

▼たどり着いた答 調
思い出送っても1コスで控え行くじゃん?というのはあるのですが、1コスでも払わせるのは重要です。どうせ相手の残ってるコストは全部回収と回復に回るのです。4コスあれば控えから2枚回収して2枚出して2点回復です。この動きを少しでも妨害するのに思い出に送るという行為は重要になります。
こちらが思い出に飛ばすのにコストは不要というのも利点ですね。行けるならガンガン行きましょう。
まぁ問題は音楽デッキでの緑発生なのですが…

▼美夏
どこまで飛び交うのかは予想つきませんが、相手が2パンしかできなくなるような美夏はかなり効果あるので、しっかり抱えてプレッシャー与えたいと思います。レベル3になってもキャロルにガリィパンプかけたり、シャトルでレベルパンプかかったりあるので、チャンスは逃さず自分もミスらないように。



自分で握るならHORISON SPEAR(いっそソウル2でもいいかも)して最後に調後ろ置いて未来したりする赤緑ノンイグナイト型がいいかな~とか。まぁ完全に妄想の域を越えません。
パーツが全然無いので越えるわけにはいかない。

敵は錬金術だけでなく、おそらく島風だったり激槍早だしだったりするのでそれらも想定して戦えるといいかもですね。


タイカプと言えばラブライブもレシピ来てたので早めに仕上げようと思います。


んでは。