全国大会後とかによくあがるこういった記事を『参考になるな~』と思いながら今まで見ていました。

たまには自分でも書いてみようと思い、今回は最近採用されてるな~と思うレベル2をテキトーに挙げてみようと思います。

単純に書くネタをパクったと言わなくもなくもない



■ストックブーストができるもの

まずは説明しなくてもいいくらいのものから。
前期暴れまわったこちら。

image


登場で消費した分が返ってくるので撃ち得感は素晴らしいです。綺麗なストックで圧縮決めてからの回復耐久はタチが悪い(誉め言葉)。


似たものでぷよぷよでも。
使用者もそこそこいますね(自分含む)。

image


行きのパワー出ないけど疑似チェンジできるのがポイント。2面並ぶと1面は残りやすい。


採用は見ないけどおまけでこんなものも。

image


プリンツとか重巡増えてるので全然採用に足るんですよね。
前に身内が使っていて中々の動きしてました(しかしすでに解体済w)。


完全に羽川視点ですが、レベル2帯の面をガッツリ取りつつ、レベル3でもやりたいことができるだけのストックが確保できるのは強いですね。
今までの『レベル3でストック使うからレベル2でストック使うの勿体ない』という考えに逆らわないで使えるのが採用増えた一因だと思ってます。



■手札、山札が整えられるもの

当たったことのある人は良く強さがわかるやつ。

image


対応が本なのは個人的に評価低めなんですが、そんなことが気にならないくらいの強さはあります。
1回2面シナジーやると安定して迎撃パーツとレベル3の確保ができるのでとにかく後の動きが安定。
大抵2面でやられ、2面パワー12000以上出してみろ(たまに早だしメタもあるよw)というわけわからん要求をしてきます。
苦労して1面だけでも抜いても相手の仕事は殆ど終わってるために結局レベル3は好き放題展開されるという嫌な流れ。

弱点はアタック『前』に山からカード引き抜くということによるアタック時のcx噛み。
ホント噛まなければ強い!です。


続いて最近採用の多い1枚。

image


ろーちゃんは山削りして安全なリフレッシュにもっていける点が特に強く感じますね。さらに返しもそれなりに固く、M3 zweiと助太刀まで合わせると返しも12000~13000とか。
最終山札を作れ、手札整えられ、返しも行きもパワー見込め、やろうと思えばレベル1からの早だしも可というとにかく便利な性能。レベル3の繋ぎにはピッタリです。


この辺は期待してたんだけどろーちゃんの礎になった気がする…

image

image


デリアさんは素のパワー(助太刀前提になる)、えりちは回収範囲(クロックから)が問題。
言い換えるとろーちゃんは強い。



■早だしメタ

助太刀は別として。

image


前期急に増えたストック相討ち型早だしメタ。

アンコもさせない優秀なレベル3処理。
とはいえ、登場1コス、相手へのダイレクト枠明け渡しを加味すると決してアドとは言えないは意識しておくところ。
まぁ暴れ回られるより数倍マシなので枠にあるならピン投しておきたいところでしょうか?


自ターン時高パワーキャラはかなり多彩な増え方しました。

image

image

image

image


アンコ持ち、パワー条件を分けることでレベル3以外も戦えるタイプ、cxシナジー持ち、助太刀不可とか。

レベル3早だしがやっぱりメインなので、どっちかのタイプで相手に好き放題されないように~というのは考えておいていいものと思います。



■チェンジ元

これくらいか?

image


最近ちょっと目に入るこちらも一応

image


軽い条件の早だしが増えたので、チェンジはチェンジ先が相当優秀でないと中々難しいですね。



■システム

助太刀、上位応援、疑似リフとか。

助太刀はリバース要求の退避用に美夏が安定して出張るようになり、おまけにレベル3の2面早だしとかをなんとかするためのピン→2投なデッキも増えた気がします。

上位応援はミラーや環境デッキのメタ的な採用が多そう。

疑似リフはカードプールにあったらとりあえず入りますね。

そこまでコメントすることも無いので省略します。





バーッと書きましたが、今回メインで書きたかったのははじめのほうの前列カードについてです。
レベル2のまともな前列は早だしメタが効かないというだけでも強い!
まぁそう感じるほど高性能早だしキャラと早だしメタが蔓延ってる環境なんですがね。。。

メジャーなものを挙げましたが、レベル2の前列キャラは思われてる以上に強いカードが結構紛れてる(と思う)ので、是非ともひねくれた思考で色々試してみてください。


コモンのレベル2とかホントにナメちゃいけないです(身内話)。。。


久々に長々と失礼しました。 


では。

制限によって組もうか考えていたPoS新田型が潰されました。

これガチで組もうとするとTP凛と暁凛とかが必要になることがわかっていたのでお金的にはとても優しくなったという良い捉え方をしていますw


そんな今回の制限について。



■デレマスの制限について

デレマスで最も人口が多い(と思う)トライアド型の制限はありそうかな~とは思っていたのですが、下手に制限かけるとトライアドが型として終わりそうだな~ということで、どうするのかに注目していました。

結果から見て、これは上手くやった!と思ってます。

例えば、トライアドデッキの制限を考えた時、PoS凛、TP凛、暁凛あたりで制限かけるのがわかりやすいと思ってました。
しかし、しぶりんが好きでトライアド組んでる人はこれは納得しない。納得のいく形にするには制限の中で凛、奈緒、加蓮ネームは被っちゃいけないだろうと考えていました。

そこをうまいこと避けた制限に見えたので、今回はちゃんと考えられた制限だったなと思っています。

トライアドデッキ組むならもっとトライアドっぽいキャラによせろという運営からのメッセージになるんですかね?


制限の影響ですが、PoS凛にきらりを添えていたタイプはやや痛手でしょうか?
あと新田型は小梅かみりあか自分の動きに合わせて少し考えることになりそうです。
最も人口いたと思われるPoS杏型は、小梅枠を暁凛4投にすることでそこまで大きな影響無さそうに思います。



■物語の制限について

なるほどそこか!ってのが正直な気持ちです。
どんな物語のデッキタイプでもここは共通して入ってくるんですよね。

デレマスと比較して結構貴重なパーツを取られてるので少し動きにくくなるかという気はしています。


個人的には中学生削った分はオカ研4投とかで何とかしてまよい選抜かな~と思ってます。
まよいが無い場合は従来の宝物語としては機能しにくいんじゃないかと思います(こなみ)。




■ネオスの使用率を見て

予想以上に765が勝ち上がってるなと思いました。
あと、常にSAOって一定数以上はいるんですね。
これに勝てなかったぷよぷよ、スクストはもうちょっとがんばれていい。




■他の制限について

艦これは次の結果でなにかしら変動がありそうです。正直鹿島いるので赤城は許してやっていいと思ってます。

あと解除されなかったところで、着替え中のシリルとニセコイの白衣の天使くらいは制限外していいと思ってます。

ぶっちゃけシリルの効果で遅延とか今になってこれを引っ張り出して使う人なら大丈夫でしょ?
個人的には着替え中を有効活用できるデッキタイプを今のシャイニングでは考えられないので使う人を見てみたいというのはあります。

ニセコイは前々から思ってたんですが疑似リフくらいは返していいかな?と。
だが楽、テメーはまだダメだw
どこかで3種一気に撤廃する方針で考えてるんでしょうかね?




■おまけ

ディスガ完全解放ということで構築見直してたんですが…

ムズいっす。。。


飛天入れにくいですね。昔は撃つ気まんまんの3投とかだったのですが、今思うと2投でも枠きつい。

超魔王の回復ループは相変わらず強い。世界で一番強いやつループが復活するのも良さそう。

レベル3までの動きも、無難なら青入りデスコ、ダメレ取るなら最凶、ストック押さえるなら集中して疑似リフループ?みたいなことが出来そうでわりと悩める。

まぁパワー不足って問題はどうしてもありますが…

ディスガのデッキは相手の思考が詰まってるので、今後色々と見られるといいなと思ってます(後列が飛天に焼かれないデッキを握りつつw)。


では。


image


安定の暁(輝きあずさ)。
では無かった。控え行った時じゃん…
失礼しました&ご指摘あざす


何にしろこれがあるならこの前のフーコで山削る必要はなさそう。

加速とは…?


image


起動使ったらパンプ。
行きは起動返しは助太刀+αというこの手のカードの強さは最近だとミルキィ(あれはレベル置き場に置かれた時だけど)や艦これで証明しているところ。
集中とか使いやすい起動があれば十分戦えそう


加速とは…?(2回目)


さらに宝シナジーでリバースさせるとストブと往復パワーパンプ。
査定でパワー -1000食らってるほむ想まどかが行き3500パンプ+リバース時山ストブ
こっちは査定-500でリバース時控えストブに誰かに往復+1500パンプ

レムレスがストブ2枚だったという理由はあるものの、さすがにパワーパンプは+1000くらいなんじゃね?と思わなくはない。

そういった点も含め、これでU?と思うくらいには今のところ有力そうに見える一枚。


しかしながら、これがあると島風は無いのでは?と思われる節も(ぷよぷよ感)。



では。

↑このページのトップヘ